ズボラ主婦の適当料理

正月休みで暇だからブログ移転してみたの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやじぃ~!

娘を遊園地に連れて行ったのよ。

微妙な遊園地だから、休日にも関わらず
園内はわりと空いてたわ。

動物園も併設されてるんだけど、
動物には目もくれず、
「私、早く観覧車にのったい(乗りたい)」
とごねてたわ。

観覧車に初めて乗った娘は
景色を観ながら大喜びで「げははは!」
と笑ってたわ。

子供のテンションは理解不可能ね。

メリーゴーランドに私と一緒に乗った娘が、
必死に娘の写真を撮っている旦那を発見する度に
「おやじぃ~!」
と旦那に向かって叫んでいたわ。
満面の笑みで。

後に
「誰がそんな言葉教えたんだよ?」
って旦那に聞かれたから、
「私に決まってるじゃない」
って答えたわ。
「パパはおやじっていうのよ」って。

変な言葉を教えるなって言われたけど、
事実なんだから仕方ないじゃない。

スポンサーサイト

電車で苦笑い

相変わらずどうしようもない話だから、スルーしてね。


このブログを始めた当初は一応、
ブログを始めたからには、料理上手になりたいわと思ってたの。
旦那の愚痴と料理をアップしていたブログだけれど、

育児と旦那の無駄話を




ここまで読んでくれた方、
…悪かったわね。
なんだか中途半端に記事を書いたまま寝てしまったみたいだわ。

相変わらず無駄話を書きたかったんでしょうけど、
憶測すると、
その日の私は
おそらく力尽きて寝てしまった様だわ。

どうしようもないわね。
申し訳ないわ。


そう、思い出した。
旦那のお父さんとお母さんにごちそうになった帰り、
電車で娘が
「なんで特急乗れないの?」
と聞いてきたから
「ねこがおしっこひっかけて止まっちゃったの」
って適当に答えたら、
「ねこは、うん〇とおしっ〇を。
ぼと、じゃー。ぼと、じゃー。
ってするんだね!」って
大音量で言ってくれたわ。

目の前で吊革につかまっていた人の苦笑いが忘れられないわ。


って話を書きたかったのに、
途中で力尽きてしまって申し訳なかったわ。

鬼は誰?

節分の日、我が家でも豆まきを楽しんだわ。
娘は豆を一粒投げた後、大事そうに必ずひろって食べてたわ。
自分が投げた豆を旦那に盗られようものなら、
鬼の形相で『だめ!』と怒っていたわ。

それを見た旦那が、
「まるで鬼だな」って言うから、
「自分の娘捕まえて鬼呼ばわりはないわよ」
って言ったら

「お前よりはましだよ。
お前はデフォルトで鬼だからな」
ですって。

誰のせいで携帯が壊れたとおもってるのかしら?
修理代、出してくれるのかしらね?

ちなみに娘はね、
「ママがおに~」って言いながら
嬉しそうに豆を一粒投げつけてくれたわ。

もちろんその後大事そうに拾って食べてたけど。

セコいところは私に似たのね…。

午前様でごくろうさま

久々にブログを更新しておいてなんだけど、
旦那への文句よ。
愚痴よ。

愚痴は気分がいいものじゃないってわかってるわ。

それを言ったらこのブログの存在意義がなくなってしまうけれど…。

読んだら不快に思われるかもしれないから、
そういった話が苦手な方は読まないでね。




先週金曜日の話よ。

先週は娘がずっと風邪で体調が悪くて、
ほとんど食べる事ができずにいたのよ。
金曜にようやく回復して元気になってきたの。
だから旦那も気が緩んだのかしらね?

なんの連絡も無しに午前様だったわ…。

普段だったらさほど怒りも湧かなかったかもしれない。
それは憶測に過ぎないけれど…。

だけど、あまりにも帰りが遅いから、なにかあったんじゃないかって
私にしては珍しく旦那を心配したわ。
それで、夜中の2時に携帯に連絡してみたの。

…。
出なかったわ。
むかついたからしつこく電話したら、
ようやく電話が通じたのよ。
で、旦那はなんて言ったと思う?

「今カラオケだから」
ですって!

ばかなのかしら?

その言葉を聞いて、思わず自分の携帯を床に叩きつけたわよ。

なにも娘が具合の悪い時に遊び歩かなくてもいいじゃない?
普段なら旦那が帰ってこない喜びをかみしめていただろうけど、
むしろ帰って来ない旦那がにくたらしくて仕方がなかったのよ。


私が今日まであまりにもしつこく怒り続けていたら、
旦那は気をつかってケーキを買ってきてくれたけど、
そんなものよりカニみその缶詰でも買ってくれたら
このどうしようもない怒りもおさまっただろうにっていう我がままな怒りが
微妙に胸の中でくすぶっているままなのよ。


わかってるわ。
こんな自分でも仲良くしようとしてくれる旦那に感謝しなければいけないって事を。
しかもそれに乗じなければ、このブログも完全に消失してしまうわね…。

頭ではわかっていても、
それを実行に移す事は難しいのよ。

夫婦って、
やっぱり一生理解し合えない存在なのかしらね?


布の服

驚いたわ。
長い間放置し放題のこんなブログに
コメントを下さる方が未だにいてくれる事に…。
案外見に来て下さる方がいるのね。
ありがたい事だわ。

でも
旦那の悪口なんて恐ろしくておちおち書けやしないじゃない。

うそよ?
どうせその当人は、こんなブログ読んじゃいないんだから
何を書こうが知った事ではないわ。


なんて前置きとは全く関係の無い話なんだけど、
娘がね
「ママの布のお洋服好き」って言いながら、
大昔にユニ〇ロで買ったボロボロのポリエステル100%の服を
抱きしめてチュッチュしているのよ。
それだけなら微笑ましいエピソードで終わるかもしれないけれど、
「布のお洋服にうどん作ってあげるの」
とか
「布のお洋服が西〇にお買いものに行くの」
とか、
しまいには
「布のお洋服、おトイレ行かないと!」
なんて叱っていたの。

まるでぬいぐるみと会話するように、
「布のお洋服」と一人二役で会話するのがマイブームらしいわ。

自分にもそんな妖精の様な時代があったのかもしれないわね。
だけど、そんな遠い過去に思いをはせる余裕もない現実があるのよ。


赤い靴の後日談なんだけど、
旦那に謝られたわ。
「ゴメン、間違えた。
マングローブじゃなくてチンドン屋だったな」って…。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。