ズボラ主婦の適当料理

正月休みで暇だからブログ移転してみたの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車で苦笑い

相変わらずどうしようもない話だから、スルーしてね。


このブログを始めた当初は一応、
ブログを始めたからには、料理上手になりたいわと思ってたの。
旦那の愚痴と料理をアップしていたブログだけれど、

育児と旦那の無駄話を




ここまで読んでくれた方、
…悪かったわね。
なんだか中途半端に記事を書いたまま寝てしまったみたいだわ。

相変わらず無駄話を書きたかったんでしょうけど、
憶測すると、
その日の私は
おそらく力尽きて寝てしまった様だわ。

どうしようもないわね。
申し訳ないわ。


そう、思い出した。
旦那のお父さんとお母さんにごちそうになった帰り、
電車で娘が
「なんで特急乗れないの?」
と聞いてきたから
「ねこがおしっこひっかけて止まっちゃったの」
って適当に答えたら、
「ねこは、うん〇とおしっ〇を。
ぼと、じゃー。ぼと、じゃー。
ってするんだね!」って
大音量で言ってくれたわ。

目の前で吊革につかまっていた人の苦笑いが忘れられないわ。


って話を書きたかったのに、
途中で力尽きてしまって申し訳なかったわ。

スポンサーサイト

布の服

驚いたわ。
長い間放置し放題のこんなブログに
コメントを下さる方が未だにいてくれる事に…。
案外見に来て下さる方がいるのね。
ありがたい事だわ。

でも
旦那の悪口なんて恐ろしくておちおち書けやしないじゃない。

うそよ?
どうせその当人は、こんなブログ読んじゃいないんだから
何を書こうが知った事ではないわ。


なんて前置きとは全く関係の無い話なんだけど、
娘がね
「ママの布のお洋服好き」って言いながら、
大昔にユニ〇ロで買ったボロボロのポリエステル100%の服を
抱きしめてチュッチュしているのよ。
それだけなら微笑ましいエピソードで終わるかもしれないけれど、
「布のお洋服にうどん作ってあげるの」
とか
「布のお洋服が西〇にお買いものに行くの」
とか、
しまいには
「布のお洋服、おトイレ行かないと!」
なんて叱っていたの。

まるでぬいぐるみと会話するように、
「布のお洋服」と一人二役で会話するのがマイブームらしいわ。

自分にもそんな妖精の様な時代があったのかもしれないわね。
だけど、そんな遠い過去に思いをはせる余裕もない現実があるのよ。


赤い靴の後日談なんだけど、
旦那に謝られたわ。
「ゴメン、間違えた。
マングローブじゃなくてチンドン屋だったな」って…。

もぎもぎぽいぽい

タイトルだけ見たら意味不明よね。

娘が赤子の頃から、
ゴミを捨てる事を「ゴミゴミポイポイ」と教えていたら、
今じゃ「モギモギポイポイ」と言うようになったわ。
どうやら「ゴミ」は「モギ」らしいわ。
みかんの内側についてる白い皮をむいて
「モギ、みかんのモギ、はい」と言って渡してくれたりするのよね。
むしろそこに栄養が詰まってるって聞いてから、
どうにかして娘にも食べさせたいと思っているんだけど、
「モギ」と言い張って食べてくれないわ。

子供の言葉って興味深いわ。
「包丁」は「ぽーちょー」。
「お薬」は「おすくり」。
「風船」は「ぷーせん」

旦那は娘の言葉の誤りなんかを一々訂正したり
するんだけど、
娘は幼いながらもプライドがあって、悔し涙を流したりするのよね。

旦那は寛容じゃないのよ。
いい年して、幼児語を使っていたら問題だけど、
幼児が幼児語を使うのは当たり前じゃないの。

だから「パパやだ」って言われたりするのよ。
そのうち娘に
「パパももぎもぎぽいぽいする」
って言われる日は確実に近いと思うの。

私だって、娘ぐらいの頃は堂々と
「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ロ~!」
って言ってたわ。
「ド」が言えるのに何故最後は「ロ」になるのかは、
大人になった今では思いだせないけど。




どうでもいいけど、「スシロー」はもしかしたら「スシドー」なのかもしれないわね。
「ミスド」はもしかしたら「ミスロ」なのかも…。

下らない事を言ってるヒマがあったら
とっとと寝ろって話よね、悪かったわ。

もう寝るわ。


お手手パーにして

夕食時に、スーパーで買ってきたゴボウサラダを食べていたら
娘が
「〇ちゃんもたべる」っていうから食べさせたのよ。
そうしたら、しばらくして
「いらない…ごぼういらない…」
って言いだしたのよ。
「嫌なら食べなくていいのよ」
って言ったのに
それでもしつこく、
「ごぼういらない」って呟くように言ってたわ。
返事するのがめんどうになって、
「あ、そう」って言ってたら
娘が
「ママ、お手手、パーにして」
って突如言いだしたの。

てっきりじゃんけんでもするのかと思って、
ひらいた手を娘の目の前に出したら


私の手のひらめがけて
口から食べかけのゴボウをだしたのよ!

娘は楽しそうに笑っていたわ…。

呆気に取られて、
つい
食べ物を無駄にしちゃいけないって言うのを忘れたわ。

この親にしてこの娘ありね…。
どうしようもないわ。


こんな記事を書いた後に
今更言うのも何だけど、
できれば今年もよろしくお願いしたいわ。

近況

鼻く〇娘は相変わらず元気よ。
おにぎりの様な顔をして異常なほどの食欲なのよ。
生まれたときは2000ちょっとの未熟児だったのに、
今じゃ元気に走り回っているわ。
ありがたい事ね。

よくしゃべる様になったせいか
時々、驚く事を言う時があるわね。
まだ数カ月の頃にただ眺めていただけのおもちゃを今日たまたま見て
「〇ちゃん(自分のこと)このおもちゃ、あかちゃんのとき欲しかったの」
って言ってたわ。
ちょっとびっくりしたけど、幼児にとっちゃ大して昔の事でもないのだから
覚えているのかもしれないわね。

私なんて、昨日食べた夕飯でさえ覚えていないのに‥。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。